教育の場所と言うのが学校になります

世界各国、教育と言う場所と言うのが学校と言う事になります。家庭では出来ない、物を学んで学習すると言う専門的な場所です。専門的な場所と言う事ですから、確実に学習の専門家がいます。それが先生、つまりは教師と言う事になります。日本には学校として小学校、中学校、そして高校、大学とがあります。その学校にそれぞれその専門分野の教師が存在します。そして小、中、高、大、それぞれに学習のレベルは高くなります。もちろんですが、子供も成長する訳です。そのために、その成長に合わせて、学習するレベルも高くなると言う事になります。小学生1年で初めて言葉や数字を学びます。そして大学4年では、個人が社会にて自立するために必要な事を学ぶと言う事になります。そして学校と言う場所の殆は、常に集団学習と言う事になり、クラスと言うスタイルで授業と言う形式で教育を受けると言う事になります。これは小学から高校まで同じスタイルです。そして大学になると、この授業が講義へと変わる訳です。

最新記事