教育はいつまで行われるべきなのか

日本では中学校卒業までが義務教育とされています。そこから、ほとんどの人が高等学校に進学し、さらに半分以上の人が大学や短大に進みます。それで終わりというわけではなく、大学卒業後、大学院に行く人もたくさんいます。大学院はまず修士課程があり、その後、さらに博士課程があります。このように教育システムはどんどん確立されているわけですが、一体どこまで進学するのがベストなのでしょうか。実はこれには答えがありません。というのも、一人ひとりどういう教育を受けるのが良いかは違ってくるからです。つまり、大学に進学せずに働いたほうが良いと言う人もいるでしょうし、進学したほうが良いという人もいるわけです。また、例えば大学教授など、大学の教員を目指すのであれば大学院に進学しないと難しいと言えます。このように自分の将来をどうするかによって、決まってくると言えます。ですから、一概に進学すれば良いというわけではないということになります。